頭皮について・髪の毛について悩んでいるという方においては、育毛剤の使用をと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そのためには、自分にあっている育毛剤を選び使用していただくことが大切といえるでしょう。今回は、遺伝的な部分から見ていきましょう。

■遺伝と髪の毛の悩み
たとえば、父親や祖父に髪の毛の悩みを抱えている人がいる。という場合には、自らもその体質にあるという可能性もあるのです。俗に言う「遺伝」というものです。特に男性の場合においては、抜け毛などを起こす原因の酵素5αリダクターゼの増加であると考えられています。

遺伝によってこの酵素が過剰に分泌されてしまう傾向があるのです。ですから、育毛剤を取り入れる際には、これらを抑制する効果があるものをチョイスすると良いでしょう。

■おすすめの育毛剤タイプ
5αリダクターゼ抑制作用を持つ成分が含まれているもの。例としては「チョウジエキス」や「オウゴンエキス」などといったものが考えられます。オウゴンエキスは頭皮ケアや育毛ケア成分としても有名なものですので、健やかな頭皮環境を作っていただきやすいでしょう。

また、「キャピキシル」という成分が含まれている育毛剤も効果が高いといわれています。比較的に新しい成分ではありますが、その効果を実感している方も多くいらっしゃるのです。

■アプローチをすることで改善はできる
遺伝的な要因であっても、育毛剤を取り入れて改善をすることは可能となっています。また、予防としても有効的な方法でもありますので育毛剤を取り入れたケアを実践してみると良いでしょう。もちろん、ヘアケアから生活習慣などについても見直してみるのもおすすめとなっています。